ミュージック・シェアリングの活動

インターナショナル・コミュニティー・エンゲージメント・プログラム(ICEP)

アジアの国々を訪れ、学校・子ども病院・児童施設などに生演奏を届けることで、普段西洋音楽に触れる機会の少ない子どもたちが音楽を通じてクリエイティビティ・相互理解・向上心を育み、視野を広げ、明日への夢を抱くきっかけ作りを提供しています。 同時に、若手音楽家の社会貢献活動の場としての側面も持ち、世界からオーディションにより選ばれた若手音楽家3名が、五嶋みどりとアンサンブルを結成し、訪問先に相応しいコンサート内容を考案し演奏します。若手音楽家が本企画に参加することで、音楽における社会貢献活動とはどのようなことなのか、現地の音楽学生とともに実体験を通じて認識していきます。


アジアでの訪問ツアーの翌年には、日本国内で活動報告会コンサートを行い、演奏と共に訪問先での活動報告を実施します。



2006年ベトナム Photo : T.Oda 2009年モンゴル Photo : T.Oda

このページのトップへ